洋食の食べ方「ナイフフォークを美しく使う」

カトラリーとは

カトラリーCutlery:フランスではcouverts(クヴエール)
テーブルで使う刃物のことですが
今ではスプーンやナイフ・フォークなどを総称して言います

昔は銀が使われていた

銀は高価であったため銀のカトラリーは宝物として大切にしました。
貴族はカトラリーに家の紋章を入れ食器と共に客人へのふるまいの道具であった
ほかにも毒殺に使われたヒ素に反応し色が変わったためその検知のためでもありました
しかし銀は手入れが大変で、平民の日常の食卓には鉄製のカトラリーが使われていた

今ではステンレス製になり手入れもいらず美しいままです

 

食器やつぼは招待主の豊かさに比例していました。貧乏人は土製の食器を使いましたが裕福な騎士や市民は銀製の食器をつかっていました。富を高価な道具に転換しておくことは珍しくもないことでした。しかしさすがにこの高価な食器は数量が限られ、高貴な人が主催する宴会でも客の一部はもっと粗末な食器を使用するしかありませんでした。

中世ヨーロッパの食卓事情の面白いブログより

 

 

カトラリーを美しく使うコツは

1,小指から3本で軽く握る
2,指先と手首を使う
3,肘を張らない

 

フランスの女性はカフェでも素敵

カフェでも手先を綺麗に使って、パンを切る女性
カジュアルな場所でも美しいなと思いました

 

手先を美しく使ってカトラリーを使う為の動画講座です

 

 

アルレスカへのお問い合わせ
ライン@にお得なセミナーやエレガンスマナーについての情報をお送りします